PMS

イソフラボンは前立腺がんの予防にも

前立腺は、男性の生殖活動をコントロールする大事な器官です。
しかしある時、正常な細胞増殖機能が失われ、自己増殖が無秩序になるとがんを発症する恐れがあります。
前立腺のがんは、排尿の異常、例えば、出にくかったり、切れが悪いなどの症状を伴います。
さらに進行すれば他器官へと転移してしまう可能性もあるという怖ろしい病気なのです。

前立腺がんの予防ににイソフラボンの効果が見られると、研究機関から発表がありました。
なんでも、みそ汁や豆腐などの大豆由来の食品を日頃たくさん食べてる人ほど、そうではない人に比べて前立腺がんにかかるリスクが低かったのだそうです。
他にも、子供の頃から習慣的に大豆由来のものを食べているグループを観察した結果も同様なものでした。

イソフラボンは、主にこうした大豆由来の食品に存在する物質です。
女性ホルモンによく似た働きをするため、更年期にホルモンの代役として摂取することが多いです。

男性であっても女性ホルモンが必要で、大切なのはそのバランスです。
ホルモンバランスに異常をきたすと生殖器にがんが発生することも考えられるためです。
前立腺がんは男性ホルモンの分泌が過剰になって起こる原因もあります。
そこで女性ホルモンによく似た働きをするイソフラボンを摂取することでホルモンのバランスを整えます。

このように男性にもイソフラボンは効果的です。
ただし、がん予防のためにイソフラボンだけを過剰に摂取しないようにしてください。
イソフラボンの摂り過ぎはまたしてもホルモンバランスの乱れを招きます。