PMS

更年期障害にはイソフラボンが効果的?

更年期障害とは、女性が閉経する前後10年ほどに起こる様々な身体の不調のことです。
日本人女性の閉経年齢が平均で50歳くらいですから、だいたい45~55歳の人に多いといわれています。

女性は成長するにしたがって「幼少児期」「思春期」「性成熟期」「更年期」「老年期」を経験しますが、ステージが上がるにつれ女性ホルモンも減少します。
とくに30代半ばに分泌量がピークを迎え、40代半ばからは急激な減少期に差し掛かってしまうのです。

更年期の不調は、女性ホルモンの一つエストロゲンの減少に密接に結び付いていますが、イソフラボンはこの物質に似た構造と働きを持っているのです。
イソフラボンが更年期障害への効果を期待されているのは、この不足した女性ホルモンを補えることができるからです。

イソフラボンが大豆に含まれているのは有名ですね。
どうやって私たちはこの物質を摂取していたかというと、お味噌汁やお豆腐、納豆といった大豆由来の身近な食品を通してでした。
洋食が増えるにつれ、こうした食品が食卓に並ぶ機会も少なくなりました。
更年期障害が低年齢化している背景も、じつはこうしたことに起因しているのかもしれません。

閉経後はイソフラボンを意識的に摂取するようにしましょう。
もう一度、日本人らしい食生活に戻って、更年期に負けない身体を作りたいですね。