PMS

イソフラボンで発汗予防

男性だけではなく、女性からも多汗症の悩みを耳にすることが多くなりました。
特に、脇汗による洋服の汗じみは女性にとって悩みのタネです。
恥ずかしくて、暑くても上着を脱げない、臭っていないか周りが気になる、そんな思いをした方も少なくはないでしょう。

この女性の多汗症、じつは女性ホルモンの乱れに関係があるといわれています。
例えば月経や妊娠、更年期に差し掛かると女性ホルモンの分泌が急激に低下してしまいます。
すると汗の量を調節する交感神経が狂ってしまい、発汗に異常をきたしてしまうのです。
同じように、過度のストレスや生活リズムの乱れも女性ホルモンの分泌低下に影響を与えます。

有効なのは、女性ホルモンの代わりになる物質を摂取することです。
まさにイソフラボンには女性ホルモン(エストロゲン)と似たような働きがあることで知られています。
女性ホルモンのバランスが整うことで自律神経のバランスもおのずと整います。
自律神経が落ち着くことで発汗異常は徐々に和らぐというわけです。

イソフラボンは他にも美容や健康にも良い効果を与えることがわかってきています。
大豆や納豆、豆腐、味噌といったさっぱりしたものに含まれているので、汗をかきやすい夏にも摂取しやすいというのも利点です。